• 商標の基本的な話
  • 業種別コンテンツ
  • 国別別コンテンツ
  • 個人/中小企業の皆様へ
  • 商標お悩み相談
  • お問い合わせ
  • NEWS&TOPICS

個人・中小企業の皆様へ

 

  • 拒絶理由通知、見解書や調査報告書を見てあきらめていませんか?

例えばこのようなケースに

  • – 特許庁から拒絶理由通知が発送されたが、重要な案件なので、複数の特許事務所に見解を求めたい。
  • – 他社から侵害の旨の警告を受領したが、複数の特許事務所に見解を聞いてみたい
  • – 外国での冒認出願に対してできることはないか、特許事務所の見解書を受け取ったが、内容が妥当なのか知りたい
  • このような状況に対し、当所では「セカンドオピニオンサービス」を提供しております。他事務所の説明や見解について「別の視点から説明・検討してほしい」というときに、ぜひご活用ください。

対応範囲

  • • 国内案件・外国案件いずれでもお受けいたします。
  • • 出願・拒絶理由対応(中間)・異議申立・審判・訴訟(警告書)・侵害・ライセンス等の各種契約、その他あらゆるご相談事項に対応します。

今すぐご相談されたい方はこちら

  • • 「セカンドオピニオン希望」の旨
  • • 案件情報が特定できるもの(出願番号等)

 を可能な限りご記載頂ければ幸いです。

 

 

 

 

  • セカンドオピニオンをおすすめする理由

幅広い見地だからこそ、見つかる解決策があります

  • 当所は、特許・実用新案・意匠・商標・著作権等、知的財産権案件を長年にわたり取り扱って参りました「ビジネス戦略参謀」集団です。多様な分野の弁理士・特許技術者はもちろん、外国人・海外在住経験者が多く在籍し、グローバルな視点から検討します。 [当所の所属員]
  • 商標はもちろん、様々な知的財産分野における経験や実績を集約し、ご納得頂けるセカンドオピニオンを提供致します。
  • 具体的には、
  • ①ファーストオピニオンのどの点に疑問を感じておられるのか、ヒアリングさせて頂きます
  • ②当所見解として、根拠となる審判決例や外国代理人の見解等を提示しつつ、セカンドオピニオンを提供します
  • ③検討の結果、ファーストオピニオンが妥当と考えられる場合、その理由と共にコメントさせて頂きます

既存のご関係を壊すことはありません

  • 当所では、御社の知財部/法務部、顧問弁護士様を「競争相手」ではなく「共創相手」と位置付けています。視点が多いほど、取れる選択肢の幅も広くなります。他の視点を否定するものではありません。
  • – ご相談いただいた内容についての秘密をお守りいたします。
  • – ファーストオピニオン提供者様の情報を伏せて頂いて問題ありません。

柔軟な対応が可能です

  • 当所のサービスを気に入っていただけましたら、更新管理等のアフターケアも可能です(別途費用が発生します。詳しくはこちら)。

注意点

  • • コンフリクト(双方代理の禁止)により、ご依頼をお受けできない場合もありますので、ご了承ください。
  • • 検討の結果、ファーストオピニオンと同じ結論となることもありますので、ご了承ください。

 

 

 

 

  • ご相談はこちらのフォームから
  • • 「セカンドオピニオン希望」の旨
  • • 案件情報が特定できるもの(出願番号等) を可能な限りご記載頂ければ幸いです。

 

 

関連記事

「スタートアップ・共創支援室」ページでは、ブランド戦略対策を含む知的財産戦略対策についても詳述しております。ぜひご覧下さい。

スタートアップ・共創支援室http://www.intellelution.com/jpn/enterprise/

スタートアップ・共創支援室はこちらから
http://www.intellelution.com/jpn/enterprise/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ