海外商標 よもやま話

 

海外商標よもやま話

第1部「新しいタイプの商標」

  • 第1回「音」の商標について

現在、私たちのいる日本では、文字や図形・立体形状等「必ず視覚に訴える」ものが商標として保護されています。言い換えると「音声」・「におい」といったものは視覚に訴えるものでないため商標として保護されていないのです。

また、「静的」なものである必要があります。つまり「動いている」ものについては商標として保護されていません。

 ここで海外に目を向けると、このような日本で現在保護されていない商標についても、主要各国や機関(OHIM)ではすでに保護を認めています。以下の表をご覧ください。


参考文献アドレスhttps://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/t_mark_sinsakijunwg_01/sankou2.pdf

image001

 

注:現在、日本の特許庁では、国際的な商標制度の調和の観点等から、商標の保護対象として新たに「音」・「色彩単独」・「動き」・「ホログラム」・「位置」について商標として保護するよう最終調整に入っています。

                        

 

 

 

 

 

 

そこでここ第1部では、これから導入されるこのような商標について、海外ではどのように保護されているのか簡単に紹介していきたいと思います。第1回目は、まず「音」について紹介します。

 


参考文献アドレスhttps://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/t_mark_sinsakijunwg_01/sankou2.pdf

image003Info: USPTO(米国特許商標庁)のホームページでは「音」の商標の登録例を実際に聞いてみることができます。以下のサイトにアクセスして是非聞いてみてください。
アドレス:http://www.uspto.gov/trademarks/soundmarks/

 

 

 

 

 

 

上記商標は、OHIMにおいて音商標として登録されています。この楽譜を実際の「音」にして聞いてみると、テトリスだなって分かりますね。音商標の出願においては、楽譜が商標見本となります。なお、電子出願をする場合は、音声ファイルを提出することが可能です。

image003

 

*次回は「色彩」について紹介する予定です。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ