• レクチャー・セミナーのご案内
  • ネーミング虎の巻!

サービス一覧
商標調査

出願商標の登録可能性について調査するサービス

商標専門リーガル・サービス Premium
低価格戦略リーガル・サービス LCS
日本出願

国内商標の出願から登録までをサポートするサービス

商標専門リーガル・サービス Premium
低価格戦略リーガル・サービス LCS
国際出願

国際商標(マドプロ)の出願から登録までをサポートするサービス

高専門性マドプロ商標 Premium-MP
低価格戦略マドプロ商標 LCS-MP
  • 特許業務法人 HARAKENZO World Patent & Trademark - [大阪・東京・広島]
  • 意匠専用特設サイト
  • 法務部facebookはこちら
  • 広島事務所facebookはこちら
  • 求人情報 急募

タイ
(外務省HP – 地域別インデックスより)

1.はじめに

タイにて商標権の権利保護を行う際に役立つ情報を、以下に掲載しております。
 本ページが、お客様が海外で知財保護を行う上での一助となれば幸いです。ぜひお役立て下さい。

<平均的な審査期間> ※2018年3月時点
現状では、出願から登録に至るまでの審査期間は、拒絶理由がなければ約10ヶ月~18ヶ月程度となっております。

 

★ご相談・ご質問事項について

本記事関してご質問事項等がございましたら、TELまたはEメール(法務部宛)、もしくはHP上のお問い合わせフォームからご相談を受け付けております。是非お気軽にお問い合わせ下さい。

★商標に関するその他の資料について

また、本記事の他に、当所作成の「タイ」の商標に関する資料もございます。
〠サンプル
上記の形式で資料配布しておりますので、こちらの資料の詳細版をご希望の方はお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

2.タイにおける商標権

<商標の登録が可能な標章>
写真、絵画、図形、ブランド、名称、語句、⽂字、数字、署名、⾊彩の組合せ、物体の形象若しくは形状、音、又はこれらの結合(商標法4条)。
※2016年法改正により音の商標が商標の定義に追加されました。

<商標法の保護対象>
商標・サービスマーク・団体商標・証明商標

<出願時の注意点>
①⼿続⾔語:タイ語
②提出書類:
(1)願書
(2)委任状(公証要)
(3)商標⾒本
(4)優先権証明書(優先権を主張する場合)
③1出願多区分制採⽤
※2016年改正で採用:但し、分割を認める規定がないため、現時点では分割は不可。
④ニース協定:未加盟(但し、国際分類は採用。)
※マドプロ :加盟(2017年11月7日よりマドプロ出願可能)

■出願商標について
英語とその英語に対応する(同⾳の)タイ語を併記して権利化することが可能です。
この場合、英語⼜はタイ語のどちらか⼀⽅を使⽤している第三者への権利⾏使が可能とされていますが、第三者から不使⽤取消審判を受けた場合に、商標権者が英語とタイ語のどちらか⼀⽅しか使⽤していないとき、商標全体の使⽤として認められるか否かは、先例がないため不明です。
よって、英語表記・タイ語表記のどちらでもその商標をご使⽤になられる場合には、別々のものとして出願されるのがよいと考えます。

<主な登録要件>

  • ・識別力がある商標であること(7条)。
  • ・法に基づき禁止されていない商標であること(8条)。
  • ・他者が登録した商標と同一又は類似した商標でないこと(13条)。

<出願後の流れ>
■⽅式審査

  • ・出願後、⽅式審査がなされます。⽅式的要件に不備がある場合には補正命令がなされます。

■出願公開・審査請求制度

  • ・特許の場合と異なり、出願公開・審査請求制度はありません。

■実体審査

  • ・登録要件を満たしていない商標出願に対しては、拒絶査定がなされます。
     出願⼈は60⽇以内に審判を請求することができます。
  • ・補正の必要のある出願に対しては、補正命令がなされます。
     出願⼈は60⽇以内に補正書を提出することができます。
     ⼀⽅、補正指令に不服がある場合には、審判を請求することができます。

■公告

  • ・登録要件を満たしている場合には、公告されます。
  • ・公告⽇より60⽇間、異議申⽴期間に付されます。

■登録

  • ・異議申⽴がなかった場合⼜は異議申⽴が認められなかった場合、登録査定がなされ、登録料を⽀払うことで商標権の設定登録がされます。

<登録後>

  • ・存続期間:出願日より10年
  • ・更新期間:満了前3月~満了日(満了後6月の追納期間有)

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ