台湾
(外務省HP – 地域別インデックスより)

1.はじめに

台湾(中華民国)にて商標権の権利保護を行う際に役立つ情報を、以下に掲載しております。
 本ページが、お客様が海外で知財保護を行う上での一助となれば幸いです。ぜひお役立て下さい。

<平均的な審査期間>
出願から約8か月程度で登録査定又は拒絶査定となる。

 

★ご相談・ご質問事項について

本記事関してご質問事項等がございましたら、TELまたはEメール(法務部宛)、もしくはHP上のお問い合わせフォームからご相談を受け付けております。是非お気軽にお問い合わせ下さい。

★商標に関するその他の資料について

また、本記事の他に、当所作成の「台湾(中華民国)」の商標に関する資料もございます。
〠サンプル
上記の形式で資料配布しておりますので、こちらの資料の詳細版をご希望の方はお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

2.台湾の商標制度

(1)出願ルート
WTO加盟国であるため、日本商標出願に基づく優先権主張が可能。
※マドプロ未加盟

(2)出願言語
中国語

(3)商標の種類
文字、図形、記号、色彩、立体形状、動態、ホログラム、音など、又はその結合
※防護標章制度はありません
※一出願多区分制度を採用

(4)保護対象
商品、役務、証明標章、団体商標

(5)商標分類
国際分類を採用。 ※ニース協定には未加盟

(6)出願に必要な書類・情報

必要な書類

    • ・委任状
    •  ※認証/公証は不要
    •  ※出願日から3月以内に提出可能
    • ・優先権証明書(中国語の翻訳を提出する必要がある)

必要な情報

    • ・商標見本
    • ・指定商品・指定役務とその区分
    • ・出願人
    • ・優先権主張の有無

(7)出願公開
出願公開制度はない。

(8)異議申立制度
商標登録の公告日から3ヶ月以内に、何人も異議申立を行うことができる。

(9)審査
方式審査の経過後、すべての登録要件について実体審査がなされる。

(10)無効審判制度
無効審判制度がある。

(11)不使用取消制度の有無
不使用取消制度がある。商標登録後、正当な理由なしに継続して3年間不使用の商標は、不使用取消審判により取り消される可能性がある。

(12)商標権の存続期間
登録日から10年である(10年毎に更新可能)。

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ