• レクチャー・セミナーのご案内
  • ネーミング虎の巻!

サービス一覧
商標調査

出願商標の登録可能性について調査するサービス

商標専門リーガル・サービス Premium
低価格戦略リーガル・サービス LCS
日本出願

国内商標の出願から登録までをサポートするサービス

商標専門リーガル・サービス Premium
低価格戦略リーガル・サービス LCS
国際出願

国際商標(マドプロ)の出願から登録までをサポートするサービス

高専門性マドプロ商標 Premium-MP
低価格戦略マドプロ商標 LCS-MP
  • 特許業務法人 HARAKENZO World Patent & Trademark - [大阪・東京・広島]
  • 意匠専用特設サイト
  • 法務部facebookはこちら
  • 広島事務所facebookはこちら
  • 求人情報 急募

LCS 低価格戦略 商標出願のご案内

(1)はじめに

”HARAKENZO more” では、「商標」に関するリーガル・サービスとして、お客様のご予算に応じてPremium (高専門性) LCS(Low Cost Strategy / 低価格戦略)」の二種類を提供しております。

低価格で商標出願から登録までをご希望のお客様には、下記「LCS(Low Cost Strategy / 低価格戦略)」をご利用いただくことも可能なシステムとなっております。

Premium

『高専門性』
リーガル・サービス

出願戦略から権利取得までコンサルティングを含む高い専門性を有する、商標専門家による高質のリーガル・サービスです

高精度の調査から登録後の権利の行使・管理までを含むフルサポート・システム。

商標専門家によるワンランク上のコンサルタント。

詳細はこちら⇒”HARAKENZO more” のHP

LCS®

『低価格戦略』
リーガル・サービス

低価格で商標権の取得を可能とするリーガル・サービスです。

出願手続に係る代理人費用を、低額に抑えることが可能(32,400円~)。

3区分以上の出願に係る”HARAKENZO more” 費用は、低額の「一律料金」を適用。

補正書、登録手続、成功謝金は、いずれも無料。

出願前の調査は、区分に関係なく低額の「一律料金」。

日本からの日本出願のみを対象とします。

 

【「LCS」をご利用されるお客様の例示

ⅰ あくまで格安指向でコスト重視のお客様。

ⅱ 戦略的商標として、低価格で多数の商標を保有しておきたいお客様。

ⅲ 高い信頼性を誇る大手国際商標事務所にて取り扱う安心感を得ながら、権利取得サービスを低コストで利用したいお客様。

ⅳ 重要商標非重要商標とにかける費用を峻別したいお客様。

ⅴ 低価格は追求するが、必要時には高い専門性を求めたいお客様。

【注】: 
出願途中に
LCS(Low Cost Strategy / 低価格戦略)」から Premium (高専門性) に変更することも可能です。但し、

① 変更後のサービスPremiumに応じた費用が発生します。

② PremiumからLCSに変更することは不可

 

(2)LCS® 料金

商品分類の区分数

「出願時」
にお支払い頂く料金

「登録時」
にお支払い頂く料金

(特許印紙代・5年分)

総計

特許印紙代
(出願時)

当所手数料

(税込)

1区分

12,000

32,400

16,400

60,800

44,400

2区分

20,600

43,200

32,800

96,600

63,800

3区分

29,200

54,000

49,200

132,400

83,200

 

詳しい料金については、LCS料金一覧表をご参照ください。

【注:「Premium」⇒Premium料金表 ご参照】

 

【注記】:

 

3区分以上の出願に係る当所費用は、一律54,000円(税込)です。

出願前の「簡易先行商標調査」をご希望の場合には、別途費用10,800円(税込)にて承っております。(特許庁のデータベース“J-PlatPat”での調査。) 調査の詳細を見る

”HARAKENZO more” の「中間処理費用」は、無料です。(但し、「補正書」対応に限定。)

”HARAKENZO more” における登録時の「登録料納付費用」及び「成功謝金」は、いずれも無料です。

登録時に「10年分」の印紙代を一括してお支払いいただくことも可能です。(1区分につき、28,200 円)




   【注意事項】:

お申込みにあたっては、必ず、下記の重要事項説明 LCSご利用条件 」をご一読ください。

 




(3)LCS® 料金一覧表

平成26年消費税法改正後(4月1日~)

商品分類の区分数

特許印紙代
(出願時)

当所手数料
(税込)

「出願時」
にお支払い頂く合計料金

(特許印紙代+当所手数料)

「登録時」
にお支払い頂く料金

(特許印紙代・5年分)

1区分

12,000

32,400

44,400

16,400

2区分

20,600

43,200

63,800

32,800

3区分

29,200

54,000

(一律)

83,200

49,200

4区分

37,800

91,800

65,600

5区分

46,400

100,400

82,000

6区分

55,000

109,000

98,400

7区分

63,600

117,600

114,800

8区分

72,200

126,200

131,200

9区分

80,800

134,800

147,600

10区分

89,400

143,400

164,000

 

登録時に「10年分」の特許印紙代(1区分につき、28,200 円)を一括してお支払い頂くことも可能です。ご希望の場合には、お気軽にお申しつけください。

10区分以上ご指定頂くことも可能です。10区分以降も当所手数料は一律 54,000 円ですが、印紙代は増額します。

 

(4)LCS® ご利用条件

 【重要事項説明】

 

LCS(Low Cost Strategy / 低価格戦略)「低価格リーガル・サービス」は、コストの低減を重視して、”HARAKENZO more” に在籍する商標専門家の手数をできる限り削減することにより実現したサービスですので、同サービスの適用を受けるに当たっては、下記のご利用条件に同意いただく必要がございます。ご了承の程、お願い申し上げます。

 

1.お申込みは、所定の上記「LCSご依頼メール」をご使用ください。

(注:ご質問内容によっては、Premiumへの変更をお願いすることがございます。)

2.日本出願のみを対象としています。

3.出願前の簡易先行商標調査は、ご希望の場合に限り、実施(有料)します。 詳細はこちら

4.指定商品・指定役務及び区分は、ご依頼人様にて記載をお願いします。

【注1】:指定商品・指定役務は、その内容が明瞭となるようにご記載ください。

<明瞭な記載例:菓子、チョコレート、飲食物の提供。>

ご記載の指定商品・指定役務は、当所において可能な限り登録が認められる記載、上位概念の内容に適宜変更します。

【注2】:区分については、不明であればご記載をいただかなくて結構です。

当所にて適切な区分を選定します。

 

5.拒絶理由通知に対しては、「補正書」に限定した対応となります。(当所手数料「無料」)

【注】:意見書の提出等を希望の場合には、サービスをPremium」にご変更いただく必要があります。但し、変更後は、Premiumに応じた費用が発生します。また、PremiumからLCSに変更することはできません。

 

6.特許庁手続後の手続書類及び請求書は、メールまたはFAXにて送付します。

<手続書類の例>:「調査報告書」、「出願書類控」、「出願番号通知」、「拒絶理由通知書」、「補正書控」、「登録査定通知書」、「登録料納付書控」、等。

但し、「登録証書」は原本を郵送します。

 

7.ご依頼人様からご送金いただいた金額のうち返金の必要性が生じた場合、返金のための銀行手数料はご依頼人様にてご負担ねがいます。 

 

 

 

 

 

ページ上部へ